おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



ダレン・シャン(Ⅶ~Ⅸ)―Darren Shan 【ネタバレ有り】


スポンサーリンク


 読書記録です。

f:id:naruren:20151107133218j:plain

 

ダレン・シャンの6~9巻。

児童書だからかあまり負担なく読み進められて、記録が追いつかないくらいです(笑)

ゴリゴリ記録していきます~(`・ω・´)

 

 【以下ネタバレ有り】

 

7巻「黄昏のハンター」

ダレン・シャン〈7〉黄昏のハンター (小学館ファンタジー文庫)

ダレン・シャン〈7〉黄昏のハンター (小学館ファンタジー文庫)

 

 7巻では、ミスタータイニーがバンパイアマウンテンにやってきて、大王を倒せるのはハンターの3人、そのうちの2人がダレンとクレプスリーだというお告げをします。元帥として、戦場で戦う他のバンパイアの指揮をとっていたダレンは、クレプスリーとハーキャットともに再び旅に出ることに。

エバンナに会いに行けというタイニーのお告げに従い、向かう道中3人目のハンターであるバンチャ元帥と合流します。

そして唯一バンパイアの子どもを作ることのできる不思議な女性、エバンナとも旅をともにすることに。

一行はシルク・ド・フリークに向かい、エブラや他のフリークたちと再会。

そして、大王との最初の戦いがありますが、大王には逃げられてしまいます。

 

 

8巻「真夜中の同志」

ダレン・シャン〈8〉真夜中の同志 (小学館ファンタジー文庫)

ダレン・シャン〈8〉真夜中の同志 (小学館ファンタジー文庫)

 

 クレプスリーの故郷である街で、またバンパニーズによるものと見られる事件が発生します。

それを防ぐためにダレンたちは街へ戻ってきます。

そこでなぜかダレンは学校へ行く羽目に。その学校で3巻で登場したダレンのカールフレンド、デビーが国語の先生となって再登場します。

フック男に襲われたダレンは、次にバンパニーズが襲うであろう学校でできた友達を見張り見事にバンパニーズの居場所を突き止めます。

しかし、逆に罠にはめられてしまい、全ての計画はスティーブの策略だったと知ります。

フック男となったRVにデビーを人質にとられダレンは身動きが取れず、圧倒的に不利な状況に。バンチャ元帥の弟のバンパニーズが逃げる時間を与えてくれ、スティーブとバンペットを人質に逃げ出します。

 

 

9巻「夜明けの覇者」

ダレン・シャン9 夜明けの覇者

ダレン・シャン9 夜明けの覇者

 

  地下水路を逃げるダレンたちは追ってきたバンパニーズに見つかりますが間一髪で地上へあがります。

地上は日差しが燦々と照りつけ、日光に弱いクレプスリーとバンチャ元帥のためにも一旦半バンパニーズであるスティーブの部屋で作戦を練り直すことに。

人質として捕らえたバンペットから、ハンターをバンパニーズ大王以外の者が倒してしまうとバンパニーズの負けが決まると予言されていることを聞き出します。

しかしスティーブの策略により、この部屋は警察に完全包囲。警部を人質としたバンチャ元帥は無事逃げ切りますが、ダレン、クレプスリー、ハーキャットは逮捕されることに。

隙を見て逃げ出した3人は夜中にバンチャ元帥と落ち合い、バンパニーズ大王との戦いに挑みます。

そこでクレスプリーが大王、スティーブ、バンチャ元帥の弟のバンパニーズのガネンと戦うことに。

3:1という不利な状況で、クレプスリーが大王を倒すことに成功しますが、その直後、スティーブによって穴に落とされ杭に打ち付けられてしまいます。

大王を倒したことでバンパイア一族の勝利を確信したダレンでしたが、スティーブに、クレプスリーが倒した大王は偽物で本物の大王は自分だ、と告げられます。

 

 

7~9巻の感想

8巻、9巻はすごく引き込まれ、一気に読み切りました!

とくにデビーとの再開が嬉しかったヽ(´▽`)/

8巻でスティーブが仲間になって一緒にバンパニーズを追い詰める場面だったり、9巻でスティーブと大王が同じ場面に登場したりと、スティーブが大王っていう予想はもしかして外れてるのか?とも思いましたが、やっぱりスティーブが大王でしたね・・・

クレプスリーが穴に落ちる寸前、バンパイア一族の応援部隊が到着して、クレプスリーは助かり、スティーブも倒されるというダレンの想像。

本当かと思って、スティーブこんなにあっさり倒されるの?と思いました。

でもそれは想像で、クレプスリーは本当に杭に打ち付けられ、スティーブは大王で生き残って。

クレプスリーが亡くなったのが本当に悔しいです(´;ω;`)

クレプスリー大好きだったのに・・・

クレプスリーが穴に落ちるとき、スティーブも道連れにしようとしてたのをガネンが必死に助けようとしていたのは、大王だったからなんやなぁ。

 

これを書いている今、既に10巻を少し読みすすめていますが、この時点で4回ある大王との戦いのうち3回が終わっているそうです。

10巻で魔女のエバンナが言っていました。

残るチャンスはあと一回、絶対にダレンたちが勝って、クレプスリーの仇をとってもらいたい!