読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



ダレン・シャン(10~12・外伝)―Darren Shan 【ネタバレ有り】


スポンサーリンク


読書記録ですヽ(・∀・)ノ

f:id:naruren:20151107133218j:plain

 

ついに、ダレン・シャンを全て読み終わりました。

外伝を除けば、12巻にもなる長編だったので、読み終わるとなんとなく寂しい気持ちに・・・。

でも、終わらない物語なんてないですからね。

ゴリゴリ記録していきます!

ここから先ネタバレ有りです(´・ω・`)

 

【ネタバレ有り】

 

10巻「精霊の湖」

ダレン・シャン 10 精霊の湖

ダレン・シャン 10 精霊の湖

 

 バンパニーズ大王との3回目の決戦を終えたダレンは、再びシルク・ド・フリークへ向かいます。

シルク・ド・フリークで過ごしていると、突然デビーとアリスが訪ねてきて、人間の代表としてバンペットと戦う、そのための許可を元帥に得るためにバンパイアマウンテンまで連れて行って欲しいとのこと。

ハーキャットを含め4人で旅にでる予定でしたが、ハーキャットは自分を探し出す旅に出ることになります。

ダレンはデビーとアリスを残して、ハーキャットの共をすることを決意。

旅の舞台は地球の未来で、大きなカエルや竜など、空想上の世界のものとしか思えないような様々な敵が待ち構えています。

ハーキャットは精霊の湖でなんとか自分を見つけ出しますが、それは裏切り者のバンパイア、カーダだったのです。

 

11巻「闇の帝王」

ダレン・シャン 11  闇の帝王

ダレン・シャン 11 闇の帝王

 

 シルク・ド・フリークで旅を続けるダレンとハーキャット。

次の開演場所がダレンの故郷となり、ダレンは自分の育った家を見にいきます。

そこには妹のアニーと、その子ども(ダレンの甥っ子)が暮らしていました。

アニーには会わないほうがいいと決め、気持ちを抑えサーカスに戻ったダレンは、ショーで友人のトミーと再開します。

トミーはプロのサッカー選手で試合の観戦をすることになりましたが、試合終了後RVとモーガンによってトミーは殺されてしまいます。

RVとトミーを追ったダレンは、スティーブとその子どもダリウス、RV、モーガンに追い詰められ大きな怪我を負ってしまいますが、逃走の途中で助けられ、アリスとデビーに再開します。

そして、RVとモーガンがシルク・ド・フリークに押しかけ、エブラの子であるシャンカスを誘拐、そのもみ合いの最中ミスタートールが撃たれて亡くなってしまいます。

急いで後を追うもののシャンカスを助け出すことはできず、ダレンは怒りにまかせてスティーブの子であるダリウスを手にかけようとします。

その瞬間ダリウスはアニーとの間の子だ、つまりダレンの甥っ子だ、と明かされます。

 

12巻「運命の息子」 

ダレン・シャン 12巻 運命の息子

ダレン・シャン 12巻 運命の息子

 

 ダリウスが甥っ子だとわかり、ダレンたちはアニーの元へ。

半バンパニーズになってしまったダリウスがどうなってしまうのか説明をして、ダレンはダリウスに自分の血を流し入れ、半バンパイアにします。

そしてついに最終決戦。

シルク・ド・フリークが寝泊りしているところにスティーブは舞台を用意しました。

多くのバンペットやバンパニーズ、サーカスのメンバーやバンピライツたちが戦う中、ダレンとバンチャ元帥はスティーブとガネンを追い、ついに対決のときがきました。

ミスタータイニーとエバンナが後ろから見守る中、ダレンが勝利をおさめます。

そこでダレンはミスタータイニーの計画を知り、ミスタータイニーに用意された運命とは別の道を選ぶことを選択。

スティーブとの決戦で2人とも命を落とす方法を選びました。

精霊の湖に閉じ込められたダレンは何千年も漂いますが、エバンナによって掬い上げられます。

そしてリトルピープルとして生まれ変わり、自分がスティーブとクレプスリーの会話を盗み聞きする直前の世界へ。

昔のダレンがバンパイアになる道を阻止しました。

そして、ミスタートールに自分が今まで書いてきた日記を手渡し、大人の自分に渡して欲しいと頼み小説を出版しミスタータイニーの気づかないままバンパイアとバンパニーズに平和の道を歩ませる細工をしました。

そしてリトルピープルとなり役目を果たしたダレンは、クレプスリーの待つ楽園へ旅立ちます。

 

外伝

ダレンシャン 外伝

ダレンシャン 外伝

 

 外伝は本編とは全く関係のない、短編集です。

  • アニー・シャンの日記
  • スティーブの作文『あこがれのバンパイア』
  • バンパイア伝説のうそ・ほんと
  • 墓場にて
  • さびしいレフティ
  • バンパイアの恋
  • シャンタクロース

が収録されています。

 

感想

いやー、長かった!長かったけど一気に読んでしまいました。

最後は本当に予想外の展開で、もっともっとハッピーエンドがよかったです。

過去のダレンがバンパイアになる道を避けたとしても、今のダレンは楽園に向かう道しかないというのが悲しいというか・・・。

 

バンパニーズ大王→スティーブ

ハーキャット→カーダ・スモルト

ミスタータイニーの二人の子ども→ミスタートールとエバンナ

ダレンとスティーブ→ミスタータイニーの子ども

傷あるものの戦は平和協定を結んで集結する

 

こういう結果でしたが、予想があたっていたのはスティーブがバンパニーズ大王ということだけでした。

小学生の頃からずっと途中で止まっていた物語だったので、最後まで読めてすっきりした反面、無性に寂しい気持ちもあります(´・ω・`)

自分に子どもができたら絶対に読ませたい本です。