読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



SurfacePro4がすごく気になるのでiPadProと比較してみました(とてもざっくり)


スポンサーリンク


f:id:naruren:20151202115552j:plain

SuefacePro4のCMを見てから無性にタブレット欲が高まってます、おっちょんです( ^-^`)

でも、タブレットっていろんな機種(っていうの?)があってよくわからない。機械音痴だから尚更。

CMを見る限りではSurfacePro4がとても魅力的です。

でもiPhoneユーザーからしてみるとiPadも捨てきれない。

 

ということで勉強がてら、Suface、iPadの機能などをまとめてみます。

Androidとかのタブレットもありますが、わたしの機械の知識ではキャパオーバーなので、SurfaceiPadのみ検討します。

あと、ほんとうにざっくりな、詳しい方からすればきっと常識的なものばかりです。完全にわたし得な記事なので、ご了承ください(笑)

 

どれ買おうかなあ・・・( ´-` )

 

自分がほしい機能、使うだろう機能から選ぶ基準を定める

これ、大事!

タブレットって機種機種で長けてる部分が違うはず(たぶん)

まずは、タブレットをどういうシチュエーションで使うのか、タブレットで何がしたいのか、はっきりさせておこうと思います。

 

lineスタンプを作りたい

 前回作ったとき(\祝/ LINEスタンプの販売を開始しました!(∩´∀`)∩ - おちょぐー)は紙に書いた絵をiPhoneアプリで透過してパソコンで色を塗るというやりかた。

パソコンの編集ソフトを使いこなせていないので、どうしても線がガタガタになったりとキレイに仕上げることができません。

タブレットだとパソコンよりも手書きに近い感覚で作ることができるんじゃないかなぁとヽ(´▽`)/

 

どちらかというとノートパソコンよりのタブレット

コンパクトでスマホが大きくなった!みたいなタブレットよりは(いや、こんなタブレットがあるかは知らんけど)

ノートパソコンがコンパクトになったような、機能がしっかりしたものがいい。

タブレットの中では重たい部類に入るものでも、機能が優れているのならある程度の重さなら我慢できます。ていうかたぶん机に置いて使うと思うからそんなに関係ない気がする。

出先で文章を書いたり、資料を作ったりしたいので、キーボードは必須。

 

ネットはWi-Fi接続のみ

新しく契約して、ってことはしないです。

だからかかるのは本体代、アクセサリー代だけ。

 

重要視してるのはこのくらい!

少ないから基準にならないかもしれないですね(笑)

さて、これをもとにしながらそれぞれ見ていきます。

 

 

SurfacePro4

Surfaceは3(Pro3)とPro4があります。

Microsoftのサイトで自分にあったのはどっちか診断ができます。わたしはPro4でした。

適切な Microsoft Surface タブレットを選ぶ

そして、Pro4の中でも3つのモデルが。

  • m3モデル                                   →ノートパソコンの性能をもち、デスクトップソフトウェアの実行が可能。
  • i5モデル                                  →Microsoft Officeでの大規模なデータベースやドキュメントの作成と編集、高度な写真編集が可能。
  • i7モデル                                              → プロフェッショナルなHDビデオ編集、プロフェッショナルなレベルのアプリケーションを使用したデザインと3Dモデリングが可能。

うーん、なんかよくわかりません(笑)

i7モデルはプロフェッショナル感はんぱなくて使いこなせるか不安なので、無難にi5モデルかな?

 

基本情報
画面のサイズ 12.3インチ
解像度 2736 x 1824 (267 PPI)
大きさ 292.1 x 201.4 x 8.4 (mm)
重量 m3 モデル: 約766 g

i5 モデル: 約 786 g

i7 モデル: 約 786 g

OS Windows1

 

 SurfacePro4の特徴、というかわたし的高ポイント

Pro4で一番惹かれるのが「自然な書き心地」

lineスタンプをタブレットで作りたいのでこれはかなりポイント高いです。

 

あとは、OSがWindowsだからWordとか使えるのも嬉しい。

 

価格
m3モデル 128GB 134784円(税込)
i5モデル 128GB 150984円(税込)

256GB 194184円(税込)

i7モデル 256GB(8GB RAM) 231984円(税込)

256BG(16GB RAM) 25894円(税込)

512GB 31984円(税込)

キーボード 17712円(税込) 

 

とりあえず大きい容量買っておけば間違いない思考の人間なので、i5モデルの256GBかな~

学生は10%オフになるので、 タブレット本体+キーボードで大体20万円です。

たかい。 

 

iPadPro

 iPadもいっぱいあって、もうよくわかりません。

でも大きさとかからざっくり比べると、SurfacePro4と近いのはiPadProかなぁと思います。

 

基本情報
画面のサイズ 12.9インチ
解像度 2732 x 2048(264 PPI)
大きさ 305.7 × 220.6 × 6.9 (mm)
重量 713g
OS iOS9

 

iPadProの特徴、というかわたし的高ポイント

絵を書く点からみると、気になるのがApplePencil。

blog.skeg.jp

  • 反応がよくタイムラグが実質ゼロ 
  • 加える圧力によって線の太さが変わる
  • 傾きで濃淡に変化をつけられる

など、考えられないくらい高性能。 

nurgle77.com

こちらの記事で書かれていますが、ペンの性能はApplePencilのほうが高いそうです。

 

あとはiPhoneユーザーなので、とっつきやすいのはiPadだと思う。

すぐに使いこなせるようになるだろうってのも魅力的です(^O^)

 

価格
32GB 94800円(税別)
128GB

112800円(税別)

キーボード 19800円(税別)
ApplePencil 11800円(税別)

 

こっちも128GBのがいいな。

タブレット本体+キーボード+ApplePencilで大体15万6000円(税込計算してます)。

うーん、どっちみちたかい(´;ω;`)

 

 

まとめ

がんばって調べてみてわかったこと。

  • どっちも機能がすごい
  • すぐには買えない

こういうのってたぶんフィーリングなんです。

だって調べてもどっちがいいかよくわからなかったんだもん(´・ω・`)

理屈じゃない、直感。

てことでお金がたまっていざ購入!ってときの直感で買おうかな。

調べるまではわりとSurfaceよりだったんですが、iPadProにも傾きだした・・・今はほんとうに五分五分です。

 

 

公式サイトにあった情報をほんとうにざっくりとまとめたものです。

もっと詳しい情報が知りたい方は公式サイトへ(´^_^`)