おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



初心者でも簡単に作れるおせちレシピまとめ~一段目~


スポンサーリンク


おっちょんです!

 

f:id:naruren:20151215095211j:plain

来年のおせちを1から自分で作ってみよう計画を立てています。

ということで、おせち料理のそれぞれのいわれなどを見ていきつつ、おせちを作り始めるであろう年末にむけてレシピをまとめていきたいと思います!

 

今回は一段目のまとめ。

(3段重のおせちを作ります。)

 

目次

 

1段目の盛りつけ予定

おせちの1段目は祝い肴と口取りを盛り付けます。

祝い肴とは、黒豆・かずのこ・田作りのおせちに必須の3品です。

口取りとは、伊達巻き・紅白かまぼこ・栗きんとん・昆布巻きなど。

 

それぞれの段に盛りつける品数は奇数がいいとされているので、一段目はこの7品で決定!(笑)

 

一段目は段詰めという方法で詰めていきます。

f:id:naruren:20151215094909p:plain

こんな感じにしたいな。

 

 

それぞれのレシピといわれ

できるだけ安く、簡単につくれそうなレシピを集めてみました(`・ω・´)

 

黒豆

元気に働けますように

「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 

cookpad.com

 黒豆は圧力鍋を使うレシピが多かったんですが、うちにはそんな便利なものがないので、普通のお鍋でも作れるレシピを('ω')

 

田作り

小さくても尾頭付き

五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。

 出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 

cookpad.com

 品数が多くなるおせち。電子レンジで簡単に作れるのはポイント高い!

 

かずのこ

子宝と子孫繁栄を祈る

数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、古くからおせちに使われました。正月らしい一品です。

出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 

cookpad.com

 かずのこは市販のすでに味付けがされているものを買おうか迷っています(´・ω・`)

かずのこってどんな感じでスーパーに売っとるんやろう・・・

 

伊達巻き

長崎から伝わったシャレた料理

江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。また、昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、おせち料理には巻いた料理が多くあります。

出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 

cookpad.com

 伊達巻きってはんぺん使うんですね!ただの卵だと思ってました()

これ作るの難しそうだなぁ~。

 

紅白かまぼこ

紅白は祝の色

蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 紅白かまぼこは市販のを買います。

これはさすがに作るのは無理だ(;´∀`)

 

栗きんとん

豊かさと勝負運を願って

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 

cookpad.com

cookpad.com

 くちなしを買うのと安納芋を買うのと、どっちが安くおさえられるかよくわからなかったので、一応2つあげておきます。

買い物にいって安いほうで作ろう(笑)

 

昆布巻き

日本料理の必需品、昆布で健康長寿を

昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。おせち料理には、煮しめの結び昆布、昆布巻となかなかの活躍です。

出典:縁起のよいおせち料理のいわれ|紀文のお正月

 

cookpad.com

 昆布巻き、何を巻くのが定番なんでしょうか?

よくわからなかったので、おいしそうな鮭をチョイス~()

 

 

二段目・三段目のレシピはこちら

naruren.hatenablog.com

naruren.hatenablog.com