おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



iPhoneを浴槽に沈めてしまったときの話。対処法など。


スポンサーリンク


f:id:naruren:20160126104829j:plain

 

 年が明けてすぐのこと。

iPhoneが水没しました。

 

やっと(気持ちが)ひと段落したので、iPhoneを水没させてしまったときの対処法や修理の流れなどをまとめます。

 

目次

 

 

水没時から起動しなくなるまで

わたしがiPhoneをお風呂に持って入るとき、いつも裸です。(自分がじゃなくて、iPhoneが。いや自分も裸だけど。)で、そのときはカバーを何もつけていなかったため、手から滑り落ちて水没。カバーを外したばっかりでいつもと感覚が違った(´;ω;`)

 

水没直後

浴槽から引き上げたとき、電源は落ちていませんでした。ですが、ヘッドホン状態になったまま音がならないという状況。

調べてみると、この状態は水没した症状の中でも軽度なようで、しばらく放置することにしました。

 

2,30分後

なんとなく触ってみると、音も出るようになりました。

ここでもう完全に治ったと思っていました( ⁻₋⁻ )

 

次の日

治ったと勘違いしたわたしは、ツムツムをしたりなんだりして、充電器につないで就寝。

翌朝、iPhoneの電源は落ちていて、全く起動しない状態になっていました。

 

 

修理の流れなど 

修理にかかった費用

水没となると本体交換になるためけっこう高くつきます(´・ω・`)

 

初めにAppleストアへ。

調べてもらうと、Appleの補償がかなり前に切れていたので、3万2000円くらいになるとのこと・・・。高い(´・ω・`)

 

そこで、Appleストアのお兄さんの助言にしたがって、docomoショップに行ってみました。

すると、8100円でできるとのこと!

なんかよくわからないけど、docomoの補償に入っていたみたい・・・

 

修理(本体交換)の流れ

docomoショップでの流れなので、ほかの会社だと全然違うかもしれないです;docomoの方の参考になれば・・・!

  1.  docomoの修理センターに電話して、iPhoneの状態や壊れた原因などを説明する
  2. 次の日に新しいiPhoneが宅配便で家に届く
  3. simカードを故障したiPhoneから新しいiPhoneに移す
  4. 新しいiPhoneの設定を行う
  5. 故障したiPhoneのバックアップを取り、リセット処理を行う
  6. 故障したiPhoneを返信用封筒に入れて10日以内に送り返す

 

だいたいこのような流れです。

故障したiPhoneのリセット処理ですが、もし電源が入らない状態でもネット上または新しいiPhoneからの遠隔操作で行えます。

10日以内に故障したiPhoneを送り返さないと、4万円くらい請求されます。

 

 

万が一水没してしまったときの対処方法

 水没してしまったときの対処法、詳しくはこちらの記事に書かれています。

www.appps.jp

 

大まかにまとめると、

  • 電源を入れない(電源が入ったままの場合はすぐに切る)
  • よーく乾燥させる

わたしの場合、ずっと電源をつけたままだったのが悪かったのかも(´・ω・`)

 

 

普段からやっておくといいこと

 注意していてもうっかりさせちゃうのが水没。いざというときに困らないために、普段からやっておくといいことをまとめます。

1.バックアップを定期的にとっておく

わたしは水没をしても電源が入ったままだったので、急いでバックアップを取りました。

が、焦っていたためiPhone内の音楽がパソコンにコピーできておらず・・・。(いつも使っているパソコンだったらiTunesに入っていたんだけど、このパソコンも修理に出したらデータが全部なくなりました;;)

 

水没するとそのまま電源が入らない・・・なんてこともあるので、普段からこまめにバックアップを取っておくことをオススメします。

 

2.SIM取り出しツールをわかりやすいところに保管する

このSIM取り出しツール。持ってないよ!と思われるかもしれませんが、iPhoneを買ったときに一緒についているので、箱を捨てていなければそのまま入っているかもしれません。

SIM取り出しツールの在り処がわからない!という方は、クリップを変形させたものでも代用できるので、普段から用意しておくことをオススメします。

 

3.お風呂に持って入るときは防水ケースに入れる

お風呂に持って入らないことが一番ですが、持って入りたいこともありますよね。

そういうときは防水ケースに入れて、万が一浴槽に沈めてしまってもいいようにしておきましょう。

 

 

まとめ

 今回iPhoneがなくて一番困ったのが、内定先との連絡がとれないこと。幸い、iPhoneが手元にないのは2日間くらいだったのでなんとかなりました。

もう二度と、お風呂に持って入らないぞ!

 

 

防水ケース、思ったより高くないなぁ。ストラップもついていて安心できそう。

 

このカバーは色がたくさんあってかわいい(*´ω`*)