読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



40年に一度の大雪の日に引っ越しをして大変だったこと


スポンサーリンク


f:id:naruren:20160130100755j:plain

 

 2016年の1月23日から25日にかけて、全国的に大雪の天気となりました。

news.yahoo.co.jp

 

そんな大雪の中引っ越しをしたので、雪の日の引っ越しで大変だったことなどをまとめます。

 

目次

 

 

旧居・新居地域の雪状況

福岡県から山口県への移動でした。

普段あまり雪が降らない地域ですが、この日は猛吹雪(´・ω・`)

 

福岡県出発前は吹雪いてはいましたが積もるほどではありませんでした。

が、新居へ着くころには10cmほど積もっていました。

 

 

引っ越しにかかった時間

荷物を積み終えてトラックが旧居を出発したのは9:00頃。

新居に到着したのは14:00頃でした。

普通に走れば2時間ほどの距離なので、かなりの時間がかかりました(´-`)

 

 

雪の日の引っ越しで大変だったこと

1.とにかく時間がかかる

雪のせいで高速道路で速度規制が行われたり、渋滞したりして、とにかく時間がかかります。

また、新居についてからも大型の荷物を運ぶために雪かきを行ったので(引越し屋さんが)、天気のいい日にするよりもステップが増えちゃう。

 

2.時間が読めない

雪の日は高確率で道路が混むので、新居への到着時間が読めません。

雪だと事故で道路がふさがれる可能性もあります(´・ω・`)

そのためなんとなくぼーっとする時間が増えちゃう。

 

3.寒い

荷物を運び出したり、入れたりする最中は、暖房器具も運んでもらっているため部屋の温度は低いまま・・・

多少の寒さなら動くと温まりますが、この日は寒すぎて動いても無理でした。

 

 

可能なら引っ越し日の変更も考えよう

引越し屋によっては無料でキャンセルできる

わたしはサカイで引っ越しを行いました。サカイは2日前までだったら無料でキャンセルができます。

引っ越しの前に一度、キャンセルについての事項を確認しておくといいと思います。

 

旧居の退去日にも注意

でも引っ越し日の変更も、旧居の退去日までに設定しないといけないので難しいかもしれません・・・

運よく次の予約がとれればいいですが(・ω・)

引っ越し日の変更を考える場合は、退去日にも注意が必要です。

 

 

まとめ

まさか引っ越しを予定していた日が、40年に一度の大雪の日にぶち当たるとは想像もしていませんでした。

まあ、きっとこんなに大変な引っ越しも最初で最後だろうな(´ω`)

大雪の日になる可能性は低くても、大雨になる可能性は十分に考えられるので、ぜひ参考にしてみてください。(雪よりはスムーズに行えるとは思います)