おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



「ふつうの幸せ」を手に入れるってすごい難しいんだけど


スポンサーリンク


f:id:naruren:20160214202012j:plain

 

いきなりですが、 わたし幸せになりたいんです。

「幸せになりたい」と思っている人はきっとわたしだけじゃないはず。

 

でもさ、「幸せ」って具体的にどういうことなんだろうね?

人それぞれ、幸せの定義は違うし、定義が違うとそれを手にするまでの道のりも、当たり前だけど違ってきます。

 

 

わたしが望む幸せは「ふつう」でいいんです。

 

大金持ちと結婚してセレブ生活を送りたいとか、

毎年海外旅行に行きたいとか、

芸能人と結婚したいとか、

そういうのってとてもすごいと思うし、正直言うと憧れはあります()

 

でも、そんなのいらない。

わたしは「人並み」に人生のコマを進められるだけで十分。

 

 

でもさ、「人並みのふつうの人生」ってなんだろうね?

 

好きな人と結婚して、子どもは2人くらいほしいかな。

一軒家じゃなくてもいい。ペット可のおうちに住んで、犬を飼いたい。

専業主婦をさせてくれ、なんていわない。子どもたちがやりたいって言ったことはなるべくならやらせてあげたいから、そのためなら家事と仕事を両立させる。

季節のイベントごとをみんなで楽しめるような、そんな家庭を築きたい。

 

わたしの考える「ふつうの幸せ」ってこんな感じ。

セレブ生活を送るよりも、芸能人と結婚するよりも、ずっとこっちの生活のほうを望んでます。

 

 

でもきっとこれって、「ふつう」じゃないんじゃないかなぁって。

むしろ「高望み」してるんじゃないかなぁって。

 

まず、好きな人と結婚するの。これかなり難しい。結婚どころか付き合うのも難しいもん。

で、子どもだって世の中の女性全員が必ず授かれるっていう保証なんてない。わたしも然り。

犬を飼って、子どもにやりたいことやらせてあげられるのって、けっこうな経済力がないと無理なんじゃないかな?

家事と仕事の両立だって、想像以上に大変だと思う。

 

 

わたしの中で「ふつう」のハードルがかなり高くなっているように思うんです。

 

 

というか、これがほんとうに「ふつう」なのかなってよく考えます。

ふつうふつうって言うけどさ、何を基準にしたふつうなの?

多数派が通る道がふつう?

 

わたしはみんなが当たり前にやっていることが、当たり前にできない。

ほんとうに気の許せる友達なんていないし、恋愛的な意味で人を好きになることだってなかなかない。

え、てか、当たり前ってめっちゃ難しくない?

 

 

この歳になると(22歳)、同級生からの、結婚したよ~!子どもが生まれたよ~!の報告がかなり増えてくるんですよね。

え、なんなの?どこ歩いたら見つかるの、それ?

わたしにも分けてよ。がちで。ちょっとでいいよ。

 

 

 

 

ちょっと収拾つかなくなってきたので、強引にまとめますね()

 

 

最終的に何がいいたいかっていうと、

失恋しました(´;ω;`)

 

まあそれも、恋愛的な好きだったのか、ひとりの人間として好きだったのかは、よくわからないんだけどね。

いいんだよ、きっともっといい人いるもん。

 

なぐさめてね。

 

おわり。