おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



好きを仕事にすること、それはとても大変でとても輝いていること―『スロウハイツの神様』


スポンサーリンク


スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

 

今回読んだ本は、私の大好きな作家のひとり、辻村深月さんの「スロウハイツの神様」

スロウハイツの神様は上下巻となっています。 

 

 

 

あらすじ

 

スロウハイツの神様(上)

 

 

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ―あの事件から十年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。

引用:「スロウハイツの神様(上)」背表紙より

 

 

 

スロウハイツの神様(下)

 

 

莉々亜が新たな居住者として加わり、コーキに急接近を始める。少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に百二十八通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った一人の少女に注目が集まる。彼女は誰なのか。そして環が受け取った一つの荷物が彼らの時間を動かし始める。

引用:「スロウハイツの神様(下)」背表紙より

 

 

 

感想

 

わたしが今まで読んできた辻村深月さんの作品の中では、あまり面白くない方。(失礼)

「子供たちは夜と遊ぶ」や「名前探しの放課後」にあったような、時間も忘れて夢中になって読んでしまう、という感覚はありませんでした。

 

 

ただ、登場人物それぞれに張られた細かな伏線は変わらずに楽しめました。

下巻ではその伏線が一気に回収され、少し感動。

 

「コーキの天使ちゃん」が何者なのか。

コーキと環の過去。

意外な組み合わせで付き合っていた2人。

 

他にも、ああ、こうやってつながっていくんだ。という場面がたくさんありました。

 

 

そして、「スロウハイツの神様」で一番強く感じたのは、みんな自分の夢をひたむきに追いかけているということ。

好きなことを夢にして、その夢に向かって頑張る姿が細かく描かれています。

 

物語の初めから夢がかなっていた環とコーキの2人。

後半ではもちろんこの2人がどんな思いで今の職を目指したのか、どんな努力をしてきたのかを知ることができます。

 

漫画家、画家、脚本家・・・

まだ夢を追いかけている途中の登場人物も、それぞれの頑張りを見せてくれます。

 

スロウハイツに住む人たちを見ていると、「好きなことを仕事にする」という、その夢を追いかけ続けることの素晴らしさ、大変さ、葛藤、たくさんのことを間近に感じ取ることができました。

 

 

比較的、ミステリー要素は少ないほっこりとした作品でした。