読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



入社1年、新卒で入った会社を退職しました


スポンサーリンク


f:id:naruren:20170403104513j:plain

 

おっちょんです。

4月採用の新入社員の方々は今日が初めての出社日になるのかな?

そんな今日、わたしはニートです。

 

 

 

1年で退職した訳

 

時間が不規則だったから

 

わたしが入社した会社の業界は、ふつうの仕事と時間帯が違います。

基本的にはお昼出社の夜中退社。

ですが、研修やいろんなイベントなどで、夜中に退社して次の日6時には家をでないといけないという日がたびたび。

 

みなさんの会社でも残業はあると思います。

そんな感じではあるんですが、出社時間が急に早まると睡眠時間に影響がでるんですよね(´・ω・`)

 

学生時代から7時に起きて11時に寝るという生活の、お子ちゃま体質のわたしにはこれがほんとうにきつかった。

 

 

夢を諦めきれなかったから

 

わたしは高校生のころから夢を見ていた職業があります。

まあ今その職についてないのも、わたしが楽な方に楽な方に逃げてきた結果なんですが(笑)

 

実際に社会人として働いてみて、働くということがどういうことなのか、なんとなくだけどわかった気がします。

嫌なことがあっても簡単には逃げられない。

そういう状況で、嫌なことがあっても頑張れるようなずっと夢見てきた仕事ができたら、とても幸せだろうなあと感じたんです。

 

 

楽観的な人間だから

 

これが一番大きいかもしれない(笑)

 

「仕事を辞めて無職になる、収入がなくなる」

このことに不安を感じない人はいないと思います。

わたしも少しはありました。

が、如何せん楽観的な性格なので「ま、なんとかなるだろう!」という気持ちで乗り切りました(笑)

 

 

 

1年で辞めることは悪なのか

  

会社を短期間で退職することが悪だという風潮がありますね。

「少なくとも3年は勤めなさい」という声がかなり多く聞かれます。

 

でも、ほんとうに3年も我慢して続けることがいいことなのかな?と感じます。

特に、やりたいことや夢があって、それを諦めきれない人。

ストレートで新卒入社したと考えると、1年目は23歳になる年。

3年その会社に勤めるともう25歳です。

 

20代後半に突入して、それから新しいことや難しいことにチャレンジする、壁にぶつかっていくという気持ちが持てるかどうか。

わたしは年齢を重ねるごとにチャレンジができなくなっていくのではないか、という気持ちの方が強かったんです。

 

 

ただ、履歴書に傷がつく、というのも事実。

やっぱり「3年未満で辞めた人はちょっとなぁ」と考える人が多い時代だというのはふまえなければいけません。

次の仕事の就職への悪影響は少なからずあるんじゃないかなぁ。

 

 

 

退職後の心境

 

現時点での心境はこんな感じです。 

 

ポジティブな気持ち

  • 夢をかなえるためのやる気が満ち溢れてる
  • ずっと我慢してたこと、ストレスから解放されてウキウキ
  • ストレスがなくなったことでなんか行動力がアップ
  • 地元に帰れてすごくうれしい()

 

 

ネガティブな気持ち

  • 収入がなくなっていろんな支払いができるか不安
  • 1年で辞めたこと、今後に響かないかなぁ

 

 

 

まとめ

 

甘えだと言われればそれまでで、なにも反論はできません(笑)

 

同期のみんなが2年目を頑張っている中、わたしはニートを満喫しております。

この1年、ブログもろくに更新できていなかったので、勉強しながら少しずつブログも書くぞ~!(笑)