おちょぐー

おっちょんのブログ、略しておちょぐー。



もしかして発達障害?と思ったら 確認してほしい4つのこと


スポンサーリンク


f:id:naruren:20170507174124p:plain

 

 

最近、学校での集団生活にうまく適応できない子が「発達障害」という診断をされることが増えています。

いろいろな情報を耳にすることで、もしかして自分も?と思うことがあるのではないでしょうか?

そんな発達障害について、正しい知識を得ましょう!

 

 

 

そもそも発達障害ってなに?

 

まずは発達障害について簡単に紹介します。

 

発達障害の種類とその特徴

 

ひとことで発達障害といっても、その種類はいろいろ。

大きく3つに分けられます。

 

f:id:naruren:20170427204733g:plain

(引用:大人の発達障害 : 発達障害とは - 株式会社Kaien

 

 

それぞれ、こんな特徴がみられます。

 

・自閉症スペクトラム

 

 いわゆる空気を読むや相手の気持ちを読むことが苦手な「社会性」、相手の発言を即時に正しく理解したり、自分の思いを細かくわかりやすく伝えることが難しい「コミュニケーション面」、そして次に起こる出来事を想像することが苦手で自分の安心したルール・環境に過度に固執しやすい「想像・こだわり」といった特徴があります。 

引用:大人の発達障害 : 発達障害とは - 株式会社Kaien

 

 

・ADHD

 

  ADHDは、おっちょこちょいそそっかしい落ち着きがない取っ散らかり、というような言葉が当てはまります。具体的には注意・関心の切り替えが難しかったり、思い付きで行動しやすかったり、うっかりミスが多い状態です。大事なことを先に出来ず、割り込んだ作業についつい集中してしまうなどの特徴もあります。

引用:大人の発達障害 : 発達障害とは - 株式会社Kaien

 

 

・学習障害

 

  医療で診断を受けることは稀なのが学習障害です。子どもの頃は読み書き障害(ディスレクシア)算数障害など、文字を書いたり読んだりが難しい場合や、数の概念が理解できず時計が読めなかったり単純な計算が出来ないなどを指すことが多いですが、純粋なLD(学習障害)はほとんどおらず、ASDやADHDと合併していることが一般的です。

引用:大人の発達障害 : 発達障害とは - 株式会社Kaien

 

 

 

もしかして?と思ったら確認してほしいこと

 

この情報を見て、もしかして自分は発達障害なんじゃないか・・・と思った方。

以下の4つのポイントを確認してみてください。

 

1.発達障害の特徴に当てはまる人は意外と多い

 

ここであげた特徴はごく一部。

これだけを見て判断するのはちょっと待ってください。 

発達障害ではない人でも、これらの特徴に全く当てはまらない、なんて人はごくわずか。

1つや2つに当てはまる人は意外といます。

このような特徴を見て、「もしかして・・・」と思う人は結構多いんです。

 

 

2.セルフチェックをしてみよう

 

特徴のみをみて判断するのではなく、いくつかの項目に答えると診断してくれる、セルフチェックを行ってみましょう。

 

わたしのオススメはこちら。

・自閉症スペクトラム→アスペルガー症候群 診断チェック | @メンタルヘルスの無料診断

・ADHD→注意欠陥・多動性障害 診断チェック | @メンタルヘルスの無料診断

 

質問項目も多く、わかりやすいです。

 

でも、あくまでもこれは簡単なセルフチェック。

このセルフチェックで点数が高かったからといって、すぐに判断するのはやめてください。

 

 

3.医療機関を受診しよう

 

セルフチェックをしてみて、発達障害の可能性が高いと出た方。

当たり前ですが、自分自身で判断するのではなく医療機関を受診しましょう。

 

発達障害の診断は、必ずしも当てはまる項目が多いから発達障害だと診断されるわけではありません。

チェック項目はもちろんですが日常生活の様子などからも判断されるので、専門家に見てもらうことも大切です。

 

 

4.発達障害を知ることで生きやすくなる

 

発達「障害」という名前のせいで、自分が発達障害だと診断されると少なからずショックを受ける方が多いと思います。

そういったことからも、なかなか医療機関を受診する気持ちにならないのも事実。

 

そこで一つだけ知っておいてほしいことがあります。

 

発達障害、といっても自分自身と周りの人がその特徴をしっかりと理解することによって、日常生活を問題なく送ることができます。 

学習障害は一つの個性。

その個性とうまく付き合っていくことで、今よりももっと生きやすくなるはずです。

 

 

 

まとめ

 

最近よく聞くようになった発達障害という言葉。

まだ、多くの人が正しい知識を持っているとは言えない状況です。

もしかして?と思ったら一度確認してみて下さい~!